火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔

佐々木稔 火縄銃の伝来と技術

Add: ujetoq41 - Date: 2020-12-15 04:41:30 - Views: 8812 - Clicks: 3137

4 Description: 11, 236p, 図版1枚 ; 22cm Authors: 佐々木, 稔(1933-) ISBN:NCID: 火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔 BA61630061. Amazonで稔, 佐々木の火縄銃の伝来と技術。アマゾンならポイント還元本が多数。稔, 佐々木作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 火縄銃の伝来と技術: 著者: 佐々木稔 編: 著者標目: 佐々木, 稔, 1933-出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 吉川弘文館: 出版年月日等:. 火縄銃の伝来と技術 資料種別: 図書 責任表示: 佐々木稔編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 何故、火縄銃が弓矢よりも重宝されるようになったのでしょうか? 戦国時代後期にポルトガル人によって伝来した火縄銃ですが、①本体自体が現代の金銭感覚でいうと何百億円もする大変高価なものであった。②火薬の原料などは多くを輸入に頼らざるを得なく、貴重であった。③先込め式で. 定価¥8,250(税込) 火縄銃の伝来と技術/佐々木稔(編者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送料無料。.

『火縄銃の伝来と技術』(佐々木稔編 吉川弘文館 ) p219-220に、「鉄砲記」の該当部分として「時堯、其の価の高くして及び難きことを言はずして、蛮種の二鉄炮を求めて、以て家珍と為す矣。」との書き下し文あり。. 火縄銃の伝来と技術の本の通販、佐々木稔の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで火縄銃の伝来と技術を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonでは文芸書・エッセイの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 「火縄銃の伝来と技術」 佐々木稔 年初版第1刷 当時定価: ¥ 8,250 佐々木稔 本 BOOK 人文 社会 火縄銃の伝来を、文献史学・鉄砲史・材料工学研究者の共同研究により「技術史」の側面から解明。今日伝えられる構造や鍛造の技術、材料の生産地等を具体的に追究し、新説を提示。その伝来. 火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 1 火縄銃伝来の虚と実(火縄銃伝来研究の視点 一六世紀環シナ海交易の展開-火縄銃伝来の背景 一六世紀における火縄銃の機能と生産技術 火縄銃生産技術の伝来 火縄銃生産技術伝来の意義) 2 火縄銃の技術(銃身と尾栓の構造から火縄銃の製作法を推定する 『大小御鉄炮張立製作』と『中嶋. 4: 大きさ、容量等: 236p ; 22cm: 注記 年表あり isbn:: 価格: 7500円: jp番号:: 出版年(w3cdtf) : 件名. 佐々木 稔編 『火縄銃の伝来と技術』 吉川弘文館 年 青木 孝編 『高島流生兵教練抄』 緑錬武会 平成15年 松田 毅一著 『日本・ポルトガル交渉小史』ポルトガル大使館 1992年 佐々木稔編、関周一、峯田元治「火縄銃の伝来と技術」吉川弘文館 年.

火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔/編 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 『火縄銃から黒船まで』(奥村正二著 岩波書店 1970) 『日本の火縄銃 1・2』(須川薫雄著 光芸出版 1989・1991) 『火縄銃の伝来と技術』(佐々木稔編 吉川弘文館 ) 『銃床製作の控』(広瀬一実著 1991). 小林 宏明/著 火器の誕生とヨーロッパの戦争 バート・s・ホー. 品川台場史考 : 幕末から現代まで. 4 形態: 11, 236p, 図版1枚 ; 22cm 著者名: 佐々木, 稔(1933-) 書誌ID: BAISBN:.

佐々木 稔編, 『火縄銃の伝来と技術』, 吉川弘文館, 年, 247ページ 齋藤 俊輔 大東アジア学論集 (4), 124-131,. ニコニコ市場ではcd、dvd、ゲーム、漫画はもちろん、フィギュアやニコニコ限定商品まで取り揃え、コメントも随時受付中. 鈴木 康彦/著 火縄銃の伝来と技術 佐々木 稔/編 日本海軍艦載兵器大図鑑 山本 義秀/編・. 火縄銃の伝来と技術 佐々木稔 編、吉川弘文館(年4月) 鉄と鋼 97()No. 火縄銃の伝来と技術 ¥ 13,610 佐々木 稔 、吉川弘文館 、 、1冊. 4 形態: 11, 236p, 図版1枚 ; 22cm 著者名: 佐々木, 稔(1933-) 書誌ID: BA61630061. 火縄銃の伝来と技術 フォーマット: 図書 責任表示: 佐々木稔編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,.

参考資料 『火縄銃の伝来と技術移転の性格』 アグネ技術センター『金属』Vol. 4 形態: 11, 236p, 図版1枚 ; 22cm. 火縄銃の伝来と技術 / 佐々木稔編 資料種別: 図書 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. 書評と紹介 佐々木稔編『火縄銃の伝来と技術』 宇田川 武久 日本歴史 (671), 103-106, -04. 下の図のAは銃底部(火薬が爆発するところ)の構造図です。 Bは、全体の構造図です。 ※図とその説明は、佐々木稔編『火縄銃の伝来と技術』(吉川弘文館 年)P1・2を参照しました。. 小林 宏明/著 火器の誕生とヨーロッパの戦争 バート・s・ホー.

小林宏明のgun講座 : ミステリ. Amazonで稔, 佐々木の火縄銃の伝来と技術。アマゾンならポイント還元本が多数。稔, 佐々木作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 11、26-31 「江戸時代後期に製作された火縄銃の特異組織と製法」、久保田俊輔 et. 鈴木 康彦/著 火縄銃の伝来と技術 佐々木 稔/編 日本海軍艦載兵器大図鑑 山本 義秀/編・. 佐々木稔編、『火縄銃の伝来と技術』、吉川弘文館 isbn所荘吉編『中島流炮術管き録(江戸科学叢書)』、恒和出版 所荘吉『火縄銃』、雄山閣 ISBN. 火縄銃の伝来と技術 佐々木 稔 編、吉川弘文館() 夢をつなぐ 心をつなぐ 世界をむすぶ 衣川製鎖工業株式会社 平成20年6月号 きぬがわせいさこうぎょう. 火縄銃の伝来を、文献史学・鉄砲史・材料工学研究者の共同研究により「技術史」の側面から解明。 今日伝えられる構造や鍛造の技術、材料の生産地等を具体的に追究し、新説を提示。 その伝来を環シナ海交易の中に跡付ける。.

佐々木, 稔(1933-) 吉川弘文館 2 図書 歴史のなかの鉄炮伝来 : 種子島から戊辰戦争まで = The introduction of guns in Japanese history : from Tanegashima to the Boshin War. 佐々木 稔編『火縄銃の伝来と技術』 吉川弘文館 年 戸田 藤成著『武器と防具』日本編 新紀元社 1994年 江戸科学古典巖書43『中島流炮術管閿録』 恒和出版 昭和57年 江戸科学古典巖書12『大小鉄炮張立製作・他』 恒和出版 昭和57年. 小林宏明のgun講座 : ミステリ. 品川台場史考 : 幕末から現代まで 【tsutaya オンラインショッピング】火縄銃の伝来と技術/佐々木稔 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 火縄銃の伝来と技術 / 佐々木稔編 Format: Book Published: 東京 : 吉川弘文館,.

火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔

email: oqyrac@gmail.com - phone:(179) 795-3925 x 9573

旺文社版確率・統計改訂版準拠 総演習340 - パソコン復活マニュアル

-> 766 torinco 8
-> ヨーロッパものしり紀行 - 紅山雪夫

火縄銃の伝来と技術 - 佐々木稔 - ヨーロッパの伝統色 日本色彩研究所


Sitemap 1

緊急出版 報道写真集 首里城 - 沖縄タイムス社 - 現代保健体育 全国高等学校通信制教育研究会